ブログトップ

monototabemono

monota.exblog.jp

18th 赤れんが館コンサート

f0122639_20383232.jpg

築100年の赤れんが館でバロックヴァイオリンとチェンバロによる古楽器の演奏会がありました。

チェンバロ・・・・・・・・加久間朋子
バロックヴァイオリン・・・川原千真

f0122639_21121598.jpg


Proguram

Ⅰ.G線上のアリア・・・・・・・・・・・・・・・・・J.S.バッハ

Ⅱ.<楽器紹介バロック・ヴァイオリン>
  サラバンド(無伴奏パルティータ第2番より)・・・J.S.バッハ
  ガヴォット(無伴奏パルティータ第3番より)・・・J.S.バッハ
  
  <楽器紹介チェンバロ>
  愉快な鍛冶屋による変奏曲(組曲代5番より)・・・G.F.ヘンデル

Ⅲ.描写的ソナタ・・・・・・・・・・・・・・・・・・H.I.F.ビーバー

Ⅳ.ラ・フォリア・・・・・・・・・・・・・・・・・・A.コレルリ

アンコール. ルーマニア民族舞曲・・・・・・・・・・バルトーク

J.S.バッハ・・・(1685-1750)
G.F.ヘンデル・・(1685-1759)
H.I.F.ビーバー・(1644-1704)
A.コレルリ・・・(1653-1713)
作曲者をみるとバロック音楽は17-18世紀。

アンコール曲にはちょうど赤れんが館が完成した100年前頃に作曲された
バルトーク(1881-1945)のルーマニア民族舞曲を!

川原師のバロックヴァイオリンはジェノバの農家の納屋から偶然発見された
300年前の改造されていない正真正銘のバロックヴァイオリン。
暖かい深みのある美しい音色!でした。

f0122639_2039287.jpg

チェンバロは加久間師のチェンバロを遠路東京より運んで来ていただいたもの。
蓋にはフラゴナールが描いた18世紀のフランスのチェンバロがモデルの
加久間師特注のフランスで作られた美しいチェンバロ。

f0122639_2224636.jpg

蓋は油絵で、弦の張られている響板にはより自然な素材でテンペラで描かれているそうです。

赤れんが館で聴くチェンバロとバロックヴァイオリン
美しい音色と美しい楽器
秋の穏やかな気候の中 音も柔らかで澄んでいて心地よかったです。
[PR]
by muumimamman | 2012-10-07 22:24 | コンサート
<< バーニャカウダ 無花果煮 >>