ブログトップ

monototabemono

monota.exblog.jp

ジャーニーヌ・ヤンセン

f0122639_1863344.jpg
            オランダ出身のジャーニーヌ・ヤンセン。
            BSで放送していた運河でのコンサートを聴いて、
            夫とともに気に入った若きヴァイオリニストです。
            初夏の風を受けて弾いているヤンセンも
            船上の観客も気持ちよさそうで、至福の時を過ごしている
            様子が伝わってくる印象的なコンサートでした。

            このCDはちょうど一年前の秋に録音されたものです。
            メンデルスゾーンのバイオリン協奏曲もいいのですが           
            ヴィオラによるブルッフの曲もいいのです。
            深みがあって温かくて、楽しくて力強い、エネルギーに溢れていて、
            ヴァイオリンやヴィオラでここまでそう感じさせてくれる
            演奏家ってなかなかいないと思います。

            今日は秋田市小学校器楽祭がありました。
            1部と2部は器楽合奏
            3部は管楽合奏
            器楽合奏は アコーディオン・リコーダー・ピアニカ(鍵盤ハーモニカ)
            木琴・鉄琴・パーカッション・キーボードなどで合奏されます。
            この音色が久石譲(「魔女の宅急便」など)や
            スピッツ(「空も飛べるはず」)の曲にぴったり!
            ある小学校はベートーベンやラプソディー・イン・ブルーを!
            これらの曲をリコーダーやアコーディオンで演奏してみようという
            挑戦・・・のだめカンタービレの影響力はすごい力を齎していました。
            ラプソディー・イン・ブルーの最後はピアニカの合奏でしめくくり。
            
            わが小学校の管楽合奏も昨年より上達したような気がしました。
            時々映画「スウィングガールズ」をみて士気を高めている娘です。
            技量はともあれ合奏する楽しさは本人たちはもちろんのこと
            聴衆にも伝わってきて、温かい気持ちになる楽しい器楽祭でした。
[PR]
by muumimamman | 2007-10-20 23:56 | 音楽
<< ミズの実 ムラサキシキブ >>