ブログトップ

monototabemono

monota.exblog.jp

カテゴリ:旅行( 7 )

岩手 小岩井農場の一本桜

f0122639_16342999.jpg

岩手山と一本桜

今は牧草を収穫する畑になっていますが、昔は牛の放牧地でした。
暑さが苦手の牛を 夏の強い日差しから牛を守る「日陰樹(ひいんじゅ)」として
明治四十年代(100年位前)にこの桜が植えられたようです。


桜の咲いている時に、また訪れてみたいです。

f0122639_16495299.jpg

小岩井農場の菜の花畑

f0122639_16535044.jpg

道の駅「雫石あねっこ」。
小柳沢にかかるあねっこ橋から望む「駒ケ岳」。

盛岡にターシャ・テューダー展を見に行った時の道中の写真です。
宮沢賢治がイーハトーヴと呼んだ岩手の大地。

本当に美しいところです。
[PR]
by muumimamman | 2008-05-31 21:53 | 旅行

月島 の フィカスプミラ

f0122639_10111311.jpg
                    フィカスプミラ               
                クワ科 フィカス属(イチジク属)
                学名: Ficus pumila
                和名: オオイタビ
      
       家ではインドアプランツとして育てていますが、
       月島の遊歩道では壁面緑化していました!東京は暖かいのですね。

f0122639_10292152.jpg

             朝の連続テレビ小説「瞳」の舞台 月島です。

f0122639_10345953.jpg

             隅田川を挟んで遊歩道が続いています。
             左の道に何本か入ると400m続く商店街
             「月島もんじゃ通り」があります。
             もんじゃ屋の多さにはびっくりです。

f0122639_10314952.jpg

         GW遊びに行ったときにはモッコウバラがちょうど咲いていました。

f0122639_1017563.jpg

    TVドラマはほとんど見ないのですが、朝の連続テレビ小説は
    (朝ドラファンの)子どもがかかさず録画をするので、一緒に見ています。

朝の連続テレビ小説を見始めたきっかけちょっと長くなってしまったので・・・

続きに続きます
[PR]
by muumimamman | 2008-05-21 20:15 | 旅行

東京国立博物館

f0122639_10481932.jpg
            「薬師寺展」GWに観て来ました。
            GWとあって想像を絶する混雑振り。            
            1300年間人々を温かく見守ってきた・・・
            「日光菩薩立像・月光菩薩立像」を拝見したら
            並んだ甲斐があった!と思われました。

            普段では光背があって見る事の出来ない
            背面もぐるっと回ってみることが出来ました。
            背面を見ると重心をかけた動きが良く分かります。
            日光菩薩は右に、月光菩薩は左に!
            7・8世紀に動きのある3m11cm・3m9cmもある銅造を
            創り出した人々に敬嘆・驚嘆しました。
f0122639_10483957.jpg
           建物は国立博物館本館、左にある平成館に並ぶ長蛇の列です。
           列を5回蛇行して、待つこと1時間やっと入ることが出来ました。

           私が小学6年生の社会科見学の時、
           国立博物館の広場にシートを敷いてお弁当を食べたことが、      
           あまりにのどかでうそのような思い出です。
          
f0122639_10485830.jpg
           表慶館は明治33年(1900年)大正天皇ご成婚記念して計画され、
           明治42年(1908年)に開館。

f0122639_10532519.jpgf0122639_10535992.jpg
         「吽」                               「阿」
f0122639_12502038.jpg
             表慶館の前で出迎えてくれる'みどりのライオン'
f0122639_10492194.jpg
                      美しいドームの天井。
f0122639_10503067.jpg
                     こんな所にも'ハナダイコン'
[PR]
by muumimamman | 2008-05-10 09:07 | 旅行

鳴子温泉 宮城県

f0122639_2342862.jpg
               鳴子では至る所でこけしに遭遇しました。
            
f0122639_235376.jpg
公衆電話ボックスもこけし。

こけしは江戸時代後期、
ろくろと鉋を使い椀や杯などを製作する木地師が、
自分の子供のために作ったり、
湯治客の子供への土産物として作られたのが
発祥のようです。

日本こけし館では、こけし作りの実演や、たくさんのこけしを見ることが出来ました。
実家には白木地のこけしと黒木地の小さなこけしが
ありますが、「こけしは置物」のイメージでした。

f0122639_2353731.jpg
マトリョーシカは柄合わせをしたり、
入れ子にしたり遊んだ記憶がありますが、
こけしも玩具だったのですね。

たくさんのこけしを見て、
蒐集家がいるのにも頷けました。
こけしのデザインが面白いと思う事もでき
鳴子に行ってよかった!


f0122639_2355243.jpg   ↑ さとう酒屋の鳴子の湯
  箱には9人の名匠によるこけしの顔が
  描かれています。



←本舗一之坂餅屋の恵比寿餅(ゆべし)


f0122639_0571844.jpg



槐(えんじゅ)の木で作られたこけしのストラップ。
槐:マメ科ソラマメ亜科に属する落葉高木。
槐は昔から魔よけの木といわれ
住居の床柱に使用されてきた貴重な木なのだそうです。


f0122639_055150.jpg鳴子温泉では薬湯に2度入りました。
汗が30分もひかなくて大変!!!
と思うのですが・・・
汗が引くと不思議に肌はスベスベツルツル
とてもいいお湯!

下駄を履いて湯めぐりとまでは
行きませんでした。
硫黄臭のしない油臭のする温泉
初めてです。
[PR]
by muumimamman | 2007-08-18 23:57 | 旅行

角館

f0122639_2226434.jpg
                       枝垂れ八重桜
f0122639_22311376.jpg
               武家屋敷通り たいへんな人の賑わい。
f0122639_22314441.jpg
            武家屋敷の桜は樹齢100年以上のものが150本あり、
             国の天然記念物に指定されているそうです。          
f0122639_22321342.jpg
                      桧木内川の桜並木。
        太鼓や笛のお囃子が聞こえ、おばこも音頭に合わせ踊っていました。

*******************************************************
かたくり群生の郷
f0122639_22391523.jpg
     かたくりの郷の西木村は大きな栗の産地で有名なところです。
     まだ葉も出ていない栗の木々の下には一面のかたくりの花の絨毯が見られます。
f0122639_22393663.jpg
     カタクリの名前の由来は、栗の木のかたわらに咲いているから
     「カタクリ」とず~と思っていました。が、
     最近図書館で植物図鑑見ていたら、かごが傾いている写真とともに・・・
     カタクリの花が「傾(かたむ)いた籠」に似ているから「カタカゴ」とよばれ、
     この「カタカゴ」が「カタコ」→「カタコユリ」→「カタクリ」になったと書いてあり、
     そーだったんだ!今になり知りました。
f0122639_2240466.jpg
                  キクザキイチゲ・キクザキイチリンソウ
f0122639_2238714.jpg
      かたくりの花は曇っていたり雨だったりすると花びらは下を向いてしまいますが、
      今日はお天気も良く、思いっきり反り返っていました。
[PR]
by muumimamman | 2007-04-30 23:27 | 旅行

山形県 酒田 に行ってきました。

f0122639_11361113.jpg

昨日、日帰りで酒田に行ってきました。目的はたくさんのお雛様に会ってくることでした。
f0122639_9305730.jpg

本間家旧本邸では高さ2m幅2.7mの雛壇に古今雛、三人官女、五人囃子、六歌仙の人形に雛道具・・・圧巻でした!古今雛の両脇にあ・うんのついになった犬宮も初めて見ました。
雛道具の「すごろく」と「将棋」と「碁」のミニチュアが盤と駒とともに飾られていたのは感動です。

f0122639_11542015.jpg
一緒に飾られている桃の節供のお菓子、
小松屋さんのかたくり細工。
繊細で色合いも上品で、惚れ惚れです。
今から予約しても手元に届くのは
2・3年後だそうです!?

(場内撮影禁止でしたので→と↓は
パンフレットより)

f0122639_129426.jpg武家屋敷の中では当時の賑わいが聞こえてきそうな御勝手にドキドキです。
土間ではなく板張りになっているお勝手も珍しいようです。

f0122639_9314582.jpg










二百何年前に作られたガラスが今も使われています。



*******************************************************
f0122639_932277.jpg
昼食は さかた海鮮市場へ。とっとても混んでいます^^;
2Fの海鮮問屋とびしまで新鮮な海の幸たっぷりの海鮮丼!美味しかったです!
1Fでは活きの良い鮮魚がたくさん!
*******************************************************
山居倉庫
f0122639_9332075.jpg
f0122639_12455684.jpg

昔、山居倉庫を基点に米俵が船で運ばれていった様子を伺い知る事が出来ます。
*******************************************************
相馬楼
f0122639_9464977.jpg

土蔵を取り囲んで建てられた木造の母屋、順路と書いて無ければ、
迷子になってしまいそうです。
*******************************************************
本間家旧別荘・新館
f0122639_9472063.jpg

見学が終わって出る頃には閉館間近で、たくさんある雨戸を閉め始めていました。
建物内の階段の腰袴はケヤキに網代模様が彫られて美しいです。
ここでもさらに大きな窓にはめ込まれた昔のガラスを見る事が出来、
歪んだガラスを通してみる景色をいつまでも一日中でも眺めていたい気分になりました。
f0122639_9474157.jpg

新館では雛祭個展人形展を見てきました。
中でも面白いと思ったのが「押絵」。
女子の手習いと思われがちなんだそうですが、ここ庄内では江戸時代中級以上の
武士や上層農民、町屋の旦那衆の道楽芸だったそうです。
*******************************************************
日和山六角灯台
f0122639_9482147.jpg

日本に残る最古の灯台の一つ。
f0122639_9484418.jpg

*******************************************************
f0122639_1336587.jpgこういうところに惹かれている人がいたり・・・
f0122639_13375713.jpgこういうところに惹かれている人がいたり・・・

もっといろいろと見たい所はあったのですが・・・
先週酒田に旅行に行った夫の両親からいろいろ見所を教えていただいていたのですが、
なかなか思うように時間配分が出来ず・・・
でもそれはそれで楽しい旅行になりました!
[PR]
by muumimamman | 2007-04-02 13:33 | 旅行

盛岡に行ってきました。

「エミール・ガレとドーム兄弟」展が28日までと知り、急遽岩手に行くことに・・・。

f0122639_1152698.jpg秋田市を出発してまず立ち寄ったのは、安藤醸造。
子供たちはお決まりの醤油アイスを食べ、
漬物のヘタな私でもおいしくつけられる
寒こうじを買いました。f0122639_1155280.jpg


2月10日に行われる上桧木内の紙風船上げの為の安藤醸造の巨大紙風船→

紙風船上げは田沢湖雪祭りで何度か見たことがありますが、
灯火をつけた巨大紙風船が夜空に上がって行って星のようになるのは
幻想的です。

角館を通る時、白と黒のコントラストが美しい冬の武家屋敷が見られるかと思いましたが、
なんとっ!雪がありませんでしたTT

田沢湖も通り過ぎ、
入り口が建物のようなトンネルを抜けると、岩手県雫石。

f0122639_11254769.jpg雫石の道の駅あねっこには冬だというのに
新鮮野菜がいっぱい**f0122639_1125140.jpg
f0122639_1122194.jpg
                                  味わいのある木ぼり本杓子

***********************************************************
f0122639_11425322.jpgいろいろ寄り道をしてやっと目的の
岩手県立美術館へ。

f0122639_11435342.jpg




色の微妙な変化までライトに照らされて・・・
ガラス工芸の美しさを楽しみました。
大きな作品も多かったのですが、
小さい作品ガレのオンベル、クレマチス、ドームのたいつりそうがよかったな。
図録が売切れてしまっていて残念!
最終日とあって、入場者も多かったです。

館内には、、たくさんの画家の中から選んで自由に映像を見ることが出来るビジュアルブース
というのがあったり、美術の情報を入手できるライブラリーがあったりと、一日居ても飽きなさそう。

出発した時間も遅かったし、美術館もゆっくりしてしまって昼食の時間大幅にオーバー・・・
いざ冷麺を食べに!

byogonさんお奨めの盛桜閣に行こうと思っていたのですが、
ところてん式に出してからゆでると(秋田に来たころ(6年前!?)に買った)ガイドブックに
書いてあったので、はらぺこさんたちには時間かかったら待てないだろうな、ということで
盛桜閣の隣に載っていたぴょんぴょん舎にgo!

f0122639_12474681.jpgf0122639_12471045.jpg
                                  おいしかった~!!!
                                        
そしてbyogonさんのとこに書いてあったhina
f0122639_13155879.jpg
子供が運針の練習を自ら始めて、長続きしますようにと願いをこめてピンクッション購入。 
可愛い雑貨がたっくさん♪

まだまだ行きたい気になるお店もあったのですが、家路に向かいます。

途中寄った盛岡のJUSCOの本屋、絵本が豊富。
ご当地宮沢賢治の絵本もさすがにたくさん!
小林敏也の版画、美術館の常設展で気になった萬てつ五郎の静物画や舞田文雄の木版画、
ぴょんぴょん舎のイラスト、南部鉄をモチーフにしたふきんなどをデザインしているadd、
共通点が見つかって岩手盛岡のイメージが出来ました。
f0122639_13512852.jpg

            addの南部鉄ですが・・・こんな感じです・・・。

byogonさんにもっといろいろ聞いてから行けばよかったかな~。
福田パンも食べたかったし。
でも日帰りでとっても楽しい小旅行が出来ました☆☆☆

                          
[PR]
by muumimamman | 2007-01-29 14:15 | 旅行