ブログトップ

monototabemono

monota.exblog.jp

カテゴリ:本( 5 )

花の妖精たち

f0122639_19493023.jpg
            明後日はバレンタインデー、チョコレートで思い出された
            森永ハイクラウンチョコレートについていたカード。
            子どもの頃集め・・・捨てに捨てられず何十年。
f0122639_19112151.jpg
            何年か前に「花の妖精たち」の本が復刊され、
            本を買えばカードはいらなくなるのかと思ったのですが、
            カードに使われている紙の方が柔らかい印象でした。
            結局今も大切にとっておいています。
f0122639_19473646.jpg
                     <花の妖精たちー春ー>
              作者はシシリー・メアリー・パーカー
              Cicely Mary Barker 1895-1973
              1895年 ロンドン生まれ
              1923年 「花の妖精たち:春」初出版。
f0122639_19475277.jpg
                     <花の妖精たちー夏ー>
f0122639_1948877.jpg
                      <花の妖精たちー秋ー>
f0122639_194822100.jpg
                    <花の妖精たちー冬ー>
f0122639_19483629.jpg
                     <花の妖精たちー木ー>
f0122639_194849100.jpg
                    <花の妖精たちー庭ー>
f0122639_1949283.jpg
                     <花の妖精たちー道ばたー>
f0122639_19491861.jpg
                 <花の妖精たちーアルファベットー>

     子どもの頃カードを見たときはまだ見知らぬ花だったものも、
     改めて見ると実際育てていたり知っている花が増えていて嬉しくなりました。
     横に書いてある詩を読むとさらに花への愛着が湧きます。

     シシリー・メアリー・バーカーの観察力、植物への賛美を感じます。

    
[PR]
by muumimamman | 2008-02-12 21:27 |

貴婦人と一角獣

      タピスリー、貴婦人と一角獣、トレイシー・シュヴァリエ、真珠の耳飾りの少女、
      フェルメール・・・。
      夏休み、お友達と映画を見に行く約束をした子供が心配で離れたところで観た
      「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」。
      ブラック家の家系図がどのように映画に出てくるのか私は楽しみでした。
      タピスリーに織り込まれた家系図は期待を裏切りませんでした。
      が、ヘレナ・ボナム=カーター扮するベラトリックスの顔が写真のように
      織り込まれていたのにはちょっとがっかり・・・。
      中世の絵の様にデフォルメして織り込んでくれれば!
f0122639_10474742.jpg
      クリュニー中世美術館にある6枚のタピスリー「貴婦人と一角獣」
      謎に包まれていて興味を持っていました。
      「真珠の耳飾りの少女」がベストセラーになったトレイシー・シュヴァリエ
      が どのような6枚のタピスリーにまつわる物語を作ったのか、
      ワクワクしながら読み始めました・・・。
            
      「真珠の・・・」フェルメールにくらべ なんてなんて軽い絵師・・・。
      共感も好感も持てません。
      それでもタピスリーが出来あがっていく工程・・・様々な人たちの
      心の内を知りながら読み進むのは面白かったです。
      その時代の空気も伝わってくる、やっぱり文才なのかな。
f0122639_21502119.jpg
                       「春」の一部      
      1484年から1500年頃織られたとされる「貴婦人と一角獣のタピスリー」
      1482年にボッティチェリの「春」があります。
      わたしはタピスリーの図案を描いた絵師はパリからフィレンツェに行って
      ボッティチェリの「春」を見て・・・この絵に恋をした!のだと思う。
      物語にもフィレンツェが出てくるかと勝手に期待していました。
      「春」も結婚の贈リものとして描かれた絵。
      象徴を描き込み、数百の花と花言葉を添えて・・・。
      絵師が、この絵を見たのは確かだと思うのだけれど。
      もうひとつ「貴婦人と一角獣」の物語が出来そうです。
f0122639_13401086.jpg
      最近TVで放映された「真珠の耳飾りの少女」
      絵の具を調合している場面が印象的・・・
      絵の具は宝石、ラピスラズリも使われている。
      映画の色もフェルメールそのもので 一瞬一瞬の場面に
      このような絵があったかな!?と思ってしまうぐらい。
      監督の執念が伝わってきます。
      その何週間前かには「ヒヤシンスブルーの少女」が放映されています。
      世に知られていないフェルメールの一枚の絵を巡っての物語。
      フェルメールの絵には人を虜にし魅了する力が潜んでいるようです。
 
      夫もドレスデン美術館で見た「窓辺で手紙を読む若い女」に
      魅了された一人です。
f0122639_13595663.jpg
       一人で「牛乳を注ぐ女」見に行っています。

      ここ何ヶ月タピスリー、トレイシー、フェルメールが頭の中をグルグル
      回っていました。
      夫が絵を見てきてくれてスッキリしました。
      自分で見たらもっとスッキリしたかもしれませんが。
[PR]
by muumimamman | 2007-10-13 14:15 |

リサとガスパールのデザートブック

f0122639_21431048.jpg

銀座に出かけた両親は「リサとガスパール&ペネロペ展」を観に行くのが目的でした。
     
オレンジの花のかおりのケーキが作りたくて、デザートブック買って来てもらいました。
オレンジの花のつぼみから取り出した、香りのする水を使うなんて!
南フランスでは良く使われるそうだけど、日本ではあまり見かけません。
探究心がフツフツと沸き起こってきます。

大きな字で分かりやすく手順も書いてあるので、子供でも作れそう。
おいしそうなレシピ、たくさん載っています。
便利なマグネット付き!
リサとガスパール、みじかい手で一生懸命作っている姿がなんといってもかわいい。。。

売店で手にしたL&Gタオル戻そうとしたら、人の波に押されて戻せず買うハメになるぐらい!
展覧会盛況でとても混んでいたそうです。
松屋銀座にて26日まで。観に行きたかったな・・・。
[PR]
by muumimamman | 2007-03-23 22:24 |

12の贈り物

f0122639_21161217.jpg

シャーリーン・コスタンゾ自身のこどもたちのために書かれた本なのですが、
すべての人に宛てられたメッセージのようで、心温かくなります。
誕生の瞬間にだれもが平等にさずかっている贈り物・・・この本を読むと、こどもだけでなく
自分自身のことも信じてがんばろうという気持ちにさせてくれます。

松屋銀座で1月に『黒井健 絵本の世界展』を観に行った母が買ってきてくれた本。
『12の贈り物』では訳と絵を手がけている黒井健。
黒井健の絵本で有名なのは『ごんぎつね』『手ぶくろを買いに』でしょうか。
淡い色調で繊細でやさしい絵です。

松屋銀座で思い出すのが・・・
[PR]
by muumimamman | 2007-02-21 22:09 |

カレル・チャペックとカレル・チャペック

f0122639_18504855.jpg

秋田に来て7年、昨年の豪雪もびっくりしましたがこんなに雪が無いのも初めてです!
いつもの2月ならば庭も雪の下でなんの施しようもなかったのですが・・・、
土が見えていると何かしなくてはいけないのかな~でも何をすればいいのか分からない。

f0122639_18512046.jpg←私の園芸のバイブル・・・(エッ!?)
カレル・チャペックの「園芸家12ヶ月」を読んで見る。
チェコでは2月は天候の手入れ・・・?
土の改良に専念するほど私は園芸かじゃないな~
と思いいつつ、面白くてついつい読んでしまいます。
兄ヨゼフ・チャペックの絵もなんともいい味出しています。

確かに球根の芽が所々出てきているけど、
木々の芽も膨らんできているけれど
スノードロップはまだ咲いていません。

角館の桜の見ごろはGWだけど、今年は早く咲くかな。

f0122639_1913118.jpg
店名が「カレル・チャペック」なんでなんだろう?
と思った山田詩子さんの紅茶屋さんも
すっかり定着しましたね。

少し高さがあって使いやすくてお気に入りの
     コンポート皿とケ-キサーバーです→
[PR]
by muumimamman | 2007-02-08 20:22 |