ブログトップ

monototabemono

monota.exblog.jp

カテゴリ:リンドグレーン( 2 )

ピッピ の ジンジャークッキー

f0122639_17383552.jpg
         
ピッピのジンジャークッキーを焼きました。
コーヒーも淹れて・・・クッキーとコーヒー・・・とてもよい香りがします。
ピッピの家に招待されたトミーとアニカも同じ香りをかいだことでしょう。  

f0122639_1665671.jpg
            
ピッピは床の上でクッキーの生地をのばします。
NHKで前放送していた「長くつ下のピッピ」でも
沢山のクッキーと床でのばしている場面は印象的です!

             BSで再放送したのを録画したのがあって
             それを見た子どもたちもすっかりピッピ、お気に入りです。
f0122639_216778.jpg
            絵はイングリッド・ヴァン・ニイマン(1916~1959年)
            リンドグレーンと直接打ち合わせを重ねながら作品
            を作っていったそうです。
f0122639_17453996.jpg
            クッキーに使った型はピッピとウマ(おじさん)とニルソン氏                
f0122639_17411179.jpg
            ANNA'Sのジンジャービスケットみたいな花型も使いました。

ジンジャークッキーレシピ覚書・・・
・薄力粉・・・・・・200g
・ジンジャー・・・小さじ1
・シナモン・・・・・小さじ1/2
・ナツメグ・・・・・小さじ1/2
・クローブ・・・・・小さじ1/2
・バター・・・・・・・100g
・きび砂糖・・・・・60g
・卵黄・・・・・・・・・1コ


f0122639_2149228.jpg
            THE REAL GROUP の「roster」の12曲目に
            "PIPPI LANGSTRUMP-POTPURRI"という曲があります。
            ♪チョラホップチョーララララ チョーラホップサンサ♪
            のメロディーがちゃんと歌われていたり、
            ウマ(おじさん)が歩いているような音も出しています。
            ピッピは口だけで、トランペットを吹いているように音が出せますが、
            リアルグループのメンバーも楽器の音を声で出せます。
            きっとメンバーはピッピのファンなのでしょうね。
            7分もの長い曲に思いを感じます。
            残念なことに歌の内容がスウェーデン語でわからない!!!
            せめて歌詞カードがついていたら訳してみようという気も起こるのですが。

            
ymomenさんが昨日の記事にピッピのクッキーについて書いた記事をTBくださっています。
[PR]
by muumimamman | 2007-11-15 22:18 | リンドグレーン

アストリッド・リンドグレーン生誕百周年

f0122639_16143955.jpg
          今日はアストリッド・リンドグレーンの100回目の誕生日にあたります。
          わたしもリンドグレーンから沢山の喜びと影響をいただきました。
          敬愛してやまないリンドグレーンの作品を 家にある本とともに
          出版された年を追ってみたいと思いました。
           *作品名後の(○○○○年)は日本で出版された年です。
            ついていないのは日本で出版されていない本です。
          
          1907年11月14日アストリッド誕生。
          1944年ピッピのお話を書き出版社に送りますが断られます。
          同年「ブリット・マリはただいま幸せ」で賞を取ります。
          1944年「ブリット・マリはただいま幸せ」(2003年)
          1945年「長くつ下のピッピ」も賞を取り、出版されます。(1964年)
          1946年「ピッピ船にのる」(1965年)
          1948年「ピッピ南の島へ」(1965年)
          1979年「ピッピ、クリスマスの終わりのパーティーをする」

          1945年「サクランボたちの幸せの丘」(2007年)
f0122639_1615219.jpg
          1946年「名探偵カッレくん」(1957年)
          1951年「カッレくんの冒険」(1958年)
          1953年「名探偵カッレくんとスパイ団」(1960年)
f0122639_847112.jpg
          1947年「やかまし村の子どもたち」(1965年)
          1949年「やかまし村の春・夏・秋・冬」(1965年)
          1952年「やかまし村はいつもにぎやか」(1965年)
          
          1949年「親指こぞうニルス・カールソン」(1974年)
          1950年「カイサ・カヴァート」
          1950年「アメリカのカティ」
          1952年「船長通りのカティ」
          1954年「ミオよわたしのミオ」(1967年)
          1954年「パリのカティ」
f0122639_16172158.jpg
          1955年「やねの上のカールソン」(1965年)
          1962年「やねの上のカールソンとびまわる」(1975年)
          1968年「やねの上のカールソンだいかつやく」(2007年) 

          1956年「さすらいの孤児ラムナス」(1965年)
          1957年「ラムナスくん英雄になる」(1965年)
f0122639_16164521.jpg
             1958年「ちいさいロッタちゃん」(1980年)
             1961年「ロッタちゃんのひっこし」(1966年)
 
             1959年「小さいきょうだい」(1969年)
f0122639_16174074.jpg
            1960年「おもしろ荘の子どもたち」(1987年)
            1976年「かわのほとりのおもしろ荘」(1988年)
            1991年「おもしろ荘のリサベット」(1992年)
            1993年「クリスマスをまつリサベット」(1994年)
f0122639_1618118.jpg
           1963年「エーミールと大どろぼう」(1972年)
           1966年「エーミールとねずみとり」(1972年)
           1970年「エーミールと六十匹のざりがに」(1972年)
           1984年「エーミールと小さなイーダ」(1994年)
           1985年「エーミールのいたずら325番」(1994年)
           1986年「エーミールのクリスマス・パーティー」(1994年)

           1964年「わたしたちの島で」(1970年)
f0122639_16153791.jpg
            1973年「はるかな国の兄弟」(1976年)
       
            1981年「山賊のむすめローニャ」(1982年)
            1987年「アッサール・ブッブラ」

            2002年1月28日94歳の生涯を閉じました。
            90カ国1億5千万部が今もなお読み続けられています。

            日本で出版されていない本もまだ沢山あると思います。
            絵本について書きませんでしたが、
            絵本も実に沢山出版されています。

リンドグレーンの本から人の暖かさや自然への賛歌が伝わってきます。
いろいろなことが大切に思えたり、大事なことを気づかせてくれます。
大人になって読み返してもまた違う面白さを発見します。
だから何度でも読み返したくなります。

「ブリット・マリはただいま幸せ」は初期の作品なのに日本では2003年に刊行され
わたしも最近になって読みました。
少女向けの小説ですが、主人公のブリット・マリがペンフレンドに書いた手紙という形で
物語は進行していきます。ブリット・マリの考えがそのままリンドグレーンの
これから物語を書くことを仕事にしようという意思に思えて、興味深かったです。

これから先何百年もアストリッド・リンドグレーンの本は
子どもたちに元気と勇気と感動を与え続けていくことでしょう。
そしてリンドグレーンの愛した自然が何百年先も残りますように。

リンドグレーンに憧れてスウェーデンに行った旅行記・・・続きを読む
[PR]
by muumimamman | 2007-11-14 21:10 | リンドグレーン