ブログトップ

monototabemono

monota.exblog.jp

七夕その② アジの笹巻寿司

f0122639_1316286.jpg

七夕の笹飾りの枝笹がなかったので
七夕にちなみ笹の葉で、アジの笹巻寿司を作りました。

f0122639_13172297.jpg

アジを酢でしめ、酢飯の上にのせ笹の葉で巻いたものです。

*アジの笹巻寿司レシピ*

・アジ・・・・・・・・・・・・2尾          

漬け酢
・酢・・・・・・・・・・・・・120cc
・砂糖・・・・・・・・・・・大さじ3
・しょうが・・・・・・・・・1片すりおろす
・塩・・・・・・・・・・・・・・少々

すし飯
・米・・・・・・・・・・・・・・3合
・酢・・・・・・・・・・・・・・90cc
・砂糖・・・・・・・・・・・・大さじ1

・笹の葉・・・・・・・・・・18枚

アジは3枚におろす
バットに塩を振り、アジの皮を下にして並べ上にも塩を振り20分おく
水分が出てきたら酢水で洗う
漬け酢の材料を合わせ、アジの汁気を拭いて入れ半日ほど漬けておく
漬けておいたアジの汁気を拭き、薄皮を引き剥がす
すし飯(米は炊いてから飯台にうつし、合わせたおいた酢と砂糖をかけながら、
水分を飛ばしながら、しゃもじで切り混ぜる。)は長方形に握る
アジをのせ酢布巾で拭いた笹の葉で包みひもでしばる
バットに隙間なく並べ上から軽く押してなじませる

笹の香りもよく、美味しく出来上がったのでレシピ書き留めておきます。
鯛で作っても美味しそうです!
[PR]
# by muumimamman | 2014-07-10 17:12 | 食べもの

七夕その①  索餅(さくべい)

f0122639_13202298.jpg

七夕にいただくものといえば素麺。
その素麺(そうめん)のルーツは「索餅(さくべい)」と言われます。
索餅はお菓子とも麺だとも言われ、いったいどんなもの!?
と思い描く日々、
香川県の金刀比羅宮では旧暦の7月7日に索餅祭が齋行され
小麦粉と米の粉を練って縄の形にねじり油で揚げた索餅を供えるそうです。

ちょうど七夕の前日、子供の学祭に行ったときのこと、
学生の作ったチュロスを食べ衝撃を受けました!
これって索餅っ!帰って早速チュロスのレシピを検索したところ
索餅とチュロスの作る工程は違っていたのですが材料はほぼ一緒。

索餅とチュロスの大きな違いといえば水分量だけ。
チュロスは水分が多いので絞り袋に入れた生地は星型の口金で絞り出さないと
火の通りが悪くて爆発するそうです。だからあのスジの入った形なんですね~
星型!七夕にぴったりなので、索餅をチュロス風に作ってみることにしました。

*索餅+チュロス*

・小麦粉(中力粉)    100g
・米粉            50g(チュロスの場合は全部小麦粉で)
・塩             小さじ1/2
・砂糖            大さじ2
・水             200cc

[チュロスの作り方で]
1.鍋に粉以外の水・塩・砂糖を入れ沸騰させる。
2.火からおろし粉類を一気に入れ手早く混ぜる。
3.餅のようになったら星形の口金をつけた絞り袋に入れ
クッキングシートに絞り出す。
  (棒にかけた糸のイメージで絞り出してみました。)
4.クッキングシートは個々に切り離しておき
  熱した油に、クッキングシートごと入れる。
5.きつね色に揚げ、油を切って出来上がり。

[索餅の作り方で]
1.上の材料で水を半分の100ccに置き換え
  ボウルに水以外の材料を入れ、
  そこに少しずつ水を加えてこねていきます。
2.ひとまとまりになったら10gに分割。
3.10gを細長く伸ばし、2本で縄のように編む。
4.熱した油に入れ、きつね色に揚げ、油をきって出来上がり。

f0122639_13204121.jpg

平安朝の初めまでに輸入された唐菓子8種・果餅14種に索餅も含まれていました。
f0122639_1321011.jpg

秋田にも索餅らしいものを見つけました。
かりんとうで有名な角館ゆかり堂製菓の 曳綱かりんとう
かりんとうのようなクッキーのようなコリコリした美味しい食感。

さてチュロスのルーツはといえば
スペイン発祥説とポルトガル発祥説があるようです。
スペイン説は、羊飼いがパンの代用として簡易にできるチュロを作り始め
形がナバホ・チュロという羊の角に似ていることからチュロという名前になったという説。
ポルトガル説は、16世紀初頭にポルトガル人が明から持ち帰った揚げパン「油条」を模してチュロが作られ始め、その後スペインにも広まったという説。
「油条」は膨らし粉を入れるので、私はチュロスとは別物という気がします。

西洋と東洋と菓子の接点はないものか探っていると
『紀元前11世紀後半エジプト、ラムセス3世の墓に製パン施設の壁画があるという。「ウテント」という渦巻き状の揚げ菓子の他、14種類の菓子があったことが分かっているらしい。』
という記事を見つけました。
上に書いた索餅も含まれていた果餅14種の中に「ウテント」によく似た「糫餅(まかりもち)」というものがあり、
索餅もチュロスもおおもとは一緒なのかもしれないなと思うのでした。



源氏物語コチラのサイト索餅についてよくお調べになっています。
[PR]
# by muumimamman | 2014-07-09 15:52 | 食べもの

いろどり 池田修三展

f0122639_16484624.jpg

象潟に「池田修三展」見に行ってきました

f0122639_16494491.jpg

「いろどり」 優しいいろどりの版画の数々

f0122639_165017.jpg

黒単色で刷られた版画も今回見ることが出来ました

f0122639_16501646.jpg

ギンセンソウ(銀扇草 別名:ルナリア・ごうだ草)
(山手線沿線の土手を春になると菜の花と彩る紫のオオアラセイトウ
《別名:ハナダイコン・ショカツサイ・ムラサキハナナ》に似ています)

f0122639_16505825.jpg

帰り道寄った蚶満寺から九重九島の眺め

f0122639_16485735.jpg

サワオグルマ

f0122639_16503116.jpg

GW田植えが始まりました

f0122639_16511790.jpg

象潟の道の駅から望む日本海
[PR]
# by muumimamman | 2014-05-04 22:47 | 催し物

千秋公園の花と鳥

f0122639_14442480.jpg
タチツボスミレ
f0122639_14452280.jpg
こちらもタチツボスミレ
f0122639_1534455.jpg
シジュウカラとツボスミレ
f0122639_15213222.jpg
コムクドリ
f0122639_1541287.jpg
たぶんルリビタキ
f0122639_1535492.jpg
ヤマブキ
f0122639_15392938.jpg
ムラサキケマン
f0122639_1512169.jpg
淡い八重桜
f0122639_1191917.jpg
濃い八重桜
f0122639_1193670.jpg
アオサギ

千秋公園の桜祭りは終わりましたが、八重桜がまだ咲いています。
5月3日
[PR]
# by muumimamman | 2014-05-03 23:18 | 植物

秋田市 太平川の桜

f0122639_15503036.jpg

太平川の桜は植えられてから54年経つそうです。

f0122639_1111589.jpg

f0122639_10561948.jpg
f0122639_1058531.jpg

昨年の『ウソ』という桜の花芽の大好きな鳥の被害も無く
今年はどこへ行っても見事な桜を見ることが出来ました。

f0122639_1114272.jpg

ハクモクレン

f0122639_16053.jpg

コウバイ

秋田の春は一斉に花が咲き始めます。
4月24日
[PR]
# by muumimamman | 2014-04-24 22:52 | 植物

キバナノアマナ

f0122639_16503695.jpg

ユリ科キバナノアマナ属
学名: Gagea lutea
漢字: 黄花の甘菜

f0122639_1651178.jpg

山野に生える多年草

f0122639_16512516.jpg

スプリング・エフェメラル!

f0122639_1651564.jpg

シジュウカラと桜

f0122639_16521665.jpg

東京では桜が満開のようですが
秋田の桜の花芽もだいぶ膨らんできました。

f0122639_1652467.jpg

フキノトウ

f0122639_1653140.jpg

クロッカス

4月2日秋田 千秋公園の様子
[PR]
# by muumimamman | 2014-04-02 17:37 | 植物

ふきのとう

f0122639_11474325.jpg

秋田市の梅林園、まだ雪が積もっています。

f0122639_11463952.jpg

雪の融けた南側の斜面のふきのとうは咲きそうです。

f0122639_11465689.jpg

水仙の芽

f0122639_1147511.jpg

梅の花芽、まだまだのようです。

f0122639_1147178.jpg

秋田杉と日本海

3月15日秋田の様子
[PR]
# by muumimamman | 2014-03-15 23:45 | 植物

千秋公園

f0122639_1223144.jpg

千秋公園

f0122639_12171816.jpg

夜中に深々と降ったようです。

f0122639_12233663.jpg
f0122639_1223535.jpg
f0122639_12247100.jpg

午前中に積もった雪もみるみる昼前には融けていました。

3月12日朝の様子。
[PR]
# by muumimamman | 2014-03-12 23:24

千秋公園

f0122639_127569.jpg

千秋公園の桜の花芽

f0122639_1272487.jpg

3月3日ころから雪が降ったり止んだり
やっと青空が見えました。

f0122639_1273844.jpg

ヒヨドリ

3月9日秋田の様子
[PR]
# by muumimamman | 2014-03-09 23:06

いちごの木

f0122639_821485.jpg

羽後産の生いちごジュース!

f0122639_81536.jpg

木内デパート前にあった『いちごの木』
6月から雄和で新装open
フルーツパーラーいちごの木
秋田県秋田市雄和石田字中大部31
018-853-1534
営業時間10:00~17:00 月曜定休(月曜が祝日の場合は翌日)

以前の場所より少しばかり遠くなってしまいましたが、
秋田産の美味しい果物を堪能しに行きたいお店です。


f0122639_823351.jpg

行ったちょうどその朝、
夫が買ってきたキウイ、小ぶりの洋ナシのような形でどうしたのだろう?
と思いつつへたを切ってみると、げっ中が赤い!
袋を見ても愛媛産としか書いておらず、品種?傷んでる?
と疑いつつ食べてみれば美味しいのです
弁当作りに忙しく中の赤いキウイのことは謎のまま食卓へ

f0122639_824942.jpg

いちごの木に同じ形のキウイが置いてあったので
お店の方に聞いてみると
「『レインボーレッド』って品種ですよ」と教えていただいた
やっぱり品種だったんだ~すぐに謎が解明できいちごの木の店員さんに感謝!

帰りに夫が買ったお店に再びキウイをまた買いに行くと
ちゃんと売り場に表記されていました。『紅妃』と。
『レインボーレッド』ではなかったけど、
キウイにもいろいろ品種があることを知った1日でした。

『いちごの木』は「いちご一会」を大切にされているお店です。
[PR]
# by muumimamman | 2013-10-01 23:00 | 食べもの