ブログトップ

monototabemono

monota.exblog.jp

タグ:キク科 ( 8 ) タグの人気記事

イトバハルシャギク 糸葉波斯菊 糸葉春車菊

f0122639_20184713.jpg

キク科コレオプシス属
学名: Coreopsis verticillata
別名: 宿根コスモス

「ハルシャ(波斯)」は「ペルシア」の訛。

黄花コスモスにもオオキンケイギクにも似ています。
[PR]
by muumimamman | 2008-07-09 20:38 | 植物

ブタナ 豚菜

f0122639_2226641.jpg
Catsear , Salade de pore

キク科エゾコウゾリナ属
学名: Hypochaeris radicata
別名: たんぽぽもどき
f0122639_22263921.jpg

花の大きさはタンポポより小さく
草丈はタンポポより高く、オオキンケイギクと同じくらい。
風に揺れている姿はとても可愛らしい・・・のですが、
名前は「ブタナ」。
和名の「ブタナ」は、フランスでの俗名「ブタのサラダ(Salade de pore)」
に由来するそうです。

庭にも一つ二つ咲いていますが、
緑の中に茎を伸ばしてポツポツ咲いている姿が好きです。
(上の写真は図書館の近くで撮りました。)
[PR]
by muumimamman | 2008-06-16 08:20 | 植物

オオキンケイギク  大金鶏菊 

f0122639_7571778.jpg

Lanceleaf tickseed

キク科ハルシャギク属
学名: Coreopsis lanceolata

f0122639_7573455.jpg

5・6年前くらいにどこからか飛んで来た種が、
今では砂利とコンクリートの脇にボーダーになって群生しています。
初めのころは、コスモスのように風にゆらゆら揺れて、黄色い花が初夏らしく、
お隣の方となんていう名前だろうね、と名前探しに夢中になっていた時期もありました。
種がほしいといわれて、たくさんあげたりもしていました。

さて今日は「オオキンケイギク」の事を調べようと調べていたら・・・
な・なんと
「2006年2月1日より外来生物法に基づき特定外来生物として
栽培・譲渡・販売・輸出入などが原則禁止となった。」
「強靱な性質のため全国的に野生化し、在来生態系への影響が危惧されている。」
そうです!

カワラナデシコなどの生育する河原にオオキンケイギクが侵入すると、
カワラナデシコは負けてしまうとか・・・。

ニセアカシアが外来生物法要注意外来生物なのは知っていました。
昨年よりも今年の方が、ニセアカシアの白い房状の花をいたるところで見かけました。
ハチミツ源にはかかせない花です。
特定外来生物に指定される前の段階の要注意外来生物になっているようです。

「オオキンケイギク」を増やさないためには、結実前に刈り込むことだというので、
私も実行したいと思いました。
[PR]
by muumimamman | 2008-06-15 08:15 | 植物

タラゴン

f0122639_21475039.jpg
Tarragon

キク科ヨモギ属
学名: Artemisia dracunculus
別名: エストラゴン(Estragon)仏語

f0122639_21585810.jpg
*タラゴンヴィネガー*
生のタラゴンを洗って水気をとって酢に漬け込んだものです。

昨日作ったオランデーズソースにもタラゴンヴィネガーを使いました。
酢漬けになっているタラゴンも刻んで入れているレシピもありました。
ピクルスを入れるタルタルソースみたいです。

タラゴンは卵料理によくあうようです。
タラゴンとチャイブとパセリを刻んで入れるオムレツ美味しいです。
このオムレツを作りたくて、育て始めました。
[PR]
by muumimamman | 2008-06-07 22:11 | 植物

ルビークラスター 花が咲くと

f0122639_12133349.jpg
                    キク科ヘリクリサム属
f0122639_2375584.jpg
             4月21日にはルビーのような蕾だった花が咲くと
             やっぱりヘリクリサムの仲間なんだなと思います。

             「ムギワラギク(帝王貝細工)」
             葉がカレーの香りのする「カレープラント」
             寄せ植えやグランドカバーにする「ペチオラレ」も
             キク科のヘリクリサム属です。
   
             今日は小学校の運動会。
             快晴!運動会日和でした。
[PR]
by muumimamman | 2008-05-17 23:08 | 植物

もってのほか 食用菊

f0122639_19192119.jpg
             キク科キク属
             学名: Chrysanthemum morifolium Ramat.
             品種名: 延命楽(えんめいらく)・もってのほか
             別名: もって菊・かきのもと
         
           「もってのほか」の名の由来は
           「天皇の御紋である菊の花を食べるとはもってのほか」とか、
           「もってのほかおいしい」からきているようです。
           秋田では「もって菊」で流通しているようです。
           「もってのほか」は山形。
           「かきのもと」は新潟。
f0122639_20261516.jpg
           よくお刺身に小さい黄色い菊の花がついていますが、
           秋田に来て初めてピンクの食用菊をいただきました。
           シャキシャキしてなんて美味しい!
f0122639_20263046.jpg
           食し方:1.花のガクをとってバラバラにします。
                2.沸騰した湯に酢を入れて、その中に花を入れ
                  3回ぐらいかき混ぜたらザルに上げます。
                3.冷水に入れてまたザルに上げ搾って器に盛ります。
                4.おひたし、ごま和えなどでいただきます。
f0122639_19222957.jpg
           背の高い食用菊の間を おじいさんが腰につけたカゴに花を摘んでは
           入れ 花を摘んでは入れ・・・そんな姿をみかけ、
           わたしも腰にカゴをつけて摘みたいと思い
           3年前に2株植えたのですが、そんなに大きくなりません;

           花のガクをとるとパラパラッと花びらが散ります。
           花びらがいっぱいになる様子はきれいです。
[PR]
by muumimamman | 2007-10-18 23:04 | 食べもの

レモンマリーゴールド

f0122639_18123131.jpg
              キク科タゲテス属(マンジュギク属)
              学名: Tagetes lemmonii
              原産地: 中央アメリカ

       よく花壇で見かけるマリーゴールドは
       南ヨーロッパ原産のカレンデュラ属(キンセンカ属)。
       レモンマリーゴールドはキンセンカ属のマリーゴールドに比べ
       葉も小さく 茎も細長く花も一重で風に揺れると風情があります。

       レモン・・・というだけあって、葉にレモンの香りがあります。
       料理やハーブティーに使えるようなのですが、試した事はありません。
       切花にして楽しんでいます。
       植えて5年経ちますが、非耐寒性と書いてあったにも拘らず
       毎年秋に咲いてくれる丈夫な花です。
    
       同じマンジュギク属にミントマリーゴールドというのがあって
       ウィンタータラゴンともいい、花や葉に香りがあるようです。
       こちらもぜひ育ててみたい!
[PR]
by muumimamman | 2007-10-17 22:27 | 植物

マトリカリア

f0122639_20204891.jpg
          マトリカリアのポンポン咲き

f0122639_21122471.jpg学名   Tanacetum Parthenium
和名   ナツシロギク
英名   fever few
流通名  マトリカリア
キク科
タナケツム属
原産地  西アジア・バルカン半島


ハーブのフィーバーヒューと同じものですが、切花用に改良されて首が長くなったんですね。
白いのはよく見かけるようになりましたが、黄色もかわいいです。

今日あたり庭の「セツブンソウ」咲いているかな~とカーテン開けると・・・
雪積もってました(・・)たしかあの辺りに・・・。
f0122639_20215687.jpg


[PR]
by muumimamman | 2007-03-07 21:09 | 植物