人気ブログランキング |
ブログトップ

monototabemono

monota.exblog.jp

タグ:行事 ( 6 ) タグの人気記事

七夕その② アジの笹巻寿司

f0122639_1316286.jpg

七夕の笹飾りの枝笹がなかったので
七夕にちなみ笹の葉で、アジの笹巻寿司を作りました。

f0122639_13172297.jpg

アジを酢でしめ、酢飯の上にのせ笹の葉で巻いたものです。

*アジの笹巻寿司レシピ*

・アジ・・・・・・・・・・・・2尾          

漬け酢
・酢・・・・・・・・・・・・・120cc
・砂糖・・・・・・・・・・・大さじ3
・しょうが・・・・・・・・・1片すりおろす
・塩・・・・・・・・・・・・・・少々

すし飯
・米・・・・・・・・・・・・・・3合
・酢・・・・・・・・・・・・・・90cc
・砂糖・・・・・・・・・・・・大さじ1

・笹の葉・・・・・・・・・・18枚

アジは3枚におろす
バットに塩を振り、アジの皮を下にして並べ上にも塩を振り20分おく
水分が出てきたら酢水で洗う
漬け酢の材料を合わせ、アジの汁気を拭いて入れ半日ほど漬けておく
漬けておいたアジの汁気を拭き、薄皮を引き剥がす
すし飯(米は炊いてから飯台にうつし、合わせたおいた酢と砂糖をかけながら、
水分を飛ばしながら、しゃもじで切り混ぜる。)は長方形に握る
アジをのせ酢布巾で拭いた笹の葉で包みひもでしばる
バットに隙間なく並べ上から軽く押してなじませる

笹の香りもよく、美味しく出来上がったのでレシピ書き留めておきます。
鯛で作っても美味しそうです!
by muumimamman | 2014-07-10 17:12 | 食べもの

七夕その①  索餅(さくべい)

f0122639_13202298.jpg

七夕にいただくものといえば素麺。
その素麺(そうめん)のルーツは「索餅(さくべい)」と言われます。
索餅はお菓子とも麺だとも言われ、いったいどんなもの!?
と思い描く日々、
香川県の金刀比羅宮では旧暦の7月7日に索餅祭が齋行され
小麦粉と米の粉を練って縄の形にねじり油で揚げた索餅を供えるそうです。

ちょうど七夕の前日、子供の学祭に行ったときのこと、
学生の作ったチュロスを食べ衝撃を受けました!
これって索餅っ!帰って早速チュロスのレシピを検索したところ
索餅とチュロスの作る工程は違っていたのですが材料はほぼ一緒。

索餅とチュロスの大きな違いといえば水分量だけ。
チュロスは水分が多いので絞り袋に入れた生地は星型の口金で絞り出さないと
火の通りが悪くて爆発するそうです。だからあのスジの入った形なんですね~
星型!七夕にぴったりなので、索餅をチュロス風に作ってみることにしました。

*索餅+チュロス*

・小麦粉(中力粉)    100g
・米粉            50g(チュロスの場合は全部小麦粉で)
・塩             小さじ1/2
・砂糖            大さじ2
・水             200cc

[チュロスの作り方で]
1.鍋に粉以外の水・塩・砂糖を入れ沸騰させる。
2.火からおろし粉類を一気に入れ手早く混ぜる。
3.餅のようになったら星形の口金をつけた絞り袋に入れ
クッキングシートに絞り出す。
  (棒にかけた糸のイメージで絞り出してみました。)
4.クッキングシートは個々に切り離しておき
  熱した油に、クッキングシートごと入れる。
5.きつね色に揚げ、油を切って出来上がり。

[索餅の作り方で]
1.上の材料で水を半分の100ccに置き換え
  ボウルに水以外の材料を入れ、
  そこに少しずつ水を加えてこねていきます。
2.ひとまとまりになったら10gに分割。
3.10gを細長く伸ばし、2本で縄のように編む。
4.熱した油に入れ、きつね色に揚げ、油をきって出来上がり。

f0122639_13204121.jpg

平安朝の初めまでに輸入された唐菓子8種・果餅14種に索餅も含まれていました。
f0122639_1321011.jpg

秋田にも索餅らしいものを見つけました。
かりんとうで有名な角館ゆかり堂製菓の 曳綱かりんとう
かりんとうのようなクッキーのようなコリコリした美味しい食感。

さてチュロスのルーツはといえば
スペイン発祥説とポルトガル発祥説があるようです。
スペイン説は、羊飼いがパンの代用として簡易にできるチュロを作り始め
形がナバホ・チュロという羊の角に似ていることからチュロという名前になったという説。
ポルトガル説は、16世紀初頭にポルトガル人が明から持ち帰った揚げパン「油条」を模してチュロが作られ始め、その後スペインにも広まったという説。
「油条」は膨らし粉を入れるので、私はチュロスとは別物という気がします。

西洋と東洋と菓子の接点はないものか探っていると
『紀元前11世紀後半エジプト、ラムセス3世の墓に製パン施設の壁画があるという。「ウテント」という渦巻き状の揚げ菓子の他、14種類の菓子があったことが分かっているらしい。』
という記事を見つけました。
上に書いた索餅も含まれていた果餅14種の中に「ウテント」によく似た「糫餅(まかりもち)」というものがあり、
索餅もチュロスもおおもとは一緒なのかもしれないなと思うのでした。



源氏物語コチラのサイト索餅についてよくお調べになっています。
by muumimamman | 2014-07-09 15:52 | 食べもの

ひな祭り の いなり寿司

f0122639_2025521.jpg

今日はいなり寿司を作りました。
左から 鶏そぼろ・あなご・生だらでんぶ をのせています。

いつもでしたら散らし寿司を作るのですが・・・
部活の当番があったり、一つ一つ材料をゆでている時間がない!
・・・とても手早く出来ました。

花見弁当にもいいかもしれません。

*レシピ覚書*
by muumimamman | 2008-03-03 23:30 | 食べもの

雄物川花火大会

f0122639_2316297.jpg
         今秋に開催される秋田わか杉国体を祝った花火から始まりました。
f0122639_23161822.jpg
           雄物川放水路通水50周年記念花火大会として始まり
           今年で20回目という節目の年を迎えたそうです。
           雄物川方水路ができるまで秋田市は度重なる洪水で
           被害を受けてきたそうです。
           たくさんの年月とたくさんの人々の力によって作られた川。
           ここから日本海に続いている景色はとても美しいです。
f0122639_23163648.jpg
           朝ノロシが聞こえて、今日花火大会あるね!と喜んでいたら、
           お昼ごろドシャ降りの雨・・・・・
           どうなる事かと思いましたが、夕方には晴れて決行されました。
           河川敷の芝生が水はけを良くしていて、
           何年か前の泥!水たまり!は出来ていませんでした。
           が、風がなく煙がたまってしまったのは残念。
           枝垂桜のような花火の残像が雲でくっきり残っているの・・・
           初めて見ました。
f0122639_23172549.jpg
           花火を撮るのは難しい・・・。
           
by muumimamman | 2007-08-10 23:57 | イベント

ひなまつり

f0122639_22103628.jpg
                 真多呂人形とロイヤルコペンハーゲンの共同作品。
                               義父母にいただいたお雛様。
                
ここ何年かひなまつりに作っているちらし寿司・・・。
別々の鍋でひとつひとつの素材(しいたけ・かんぴょう・高野豆腐・油揚げ・
れんこん・にんじん・・・)に味付けしていってから最後に酢飯と混ぜ合わせるので、
かなりのテマがかかります^^;・・・もっと手際よくできる方法探してみなくてはっ!
でも面倒でもやるべきなのでしょうか。。。と毎年思っているような気がします。
f0122639_22111697.jpg

by muumimamman | 2007-03-03 22:26 | もの

立春

f0122639_11135842.jpg
昨日は節分でした。
豆まきをしようとしたら豆を買い忘れたことを思い出し、急遽大豆を煎りました。
ゴマ煎り器で大豆を煎ったのですが、香ばしい香りがして来て・・・
いつも豆まき用に買って思いっきり投げてしまっているものも、
丹精こめて大豆を育てている方がいるんだなとありがたく・・・感じ入ってしまいました。
f0122639_11115143.jpg
ゴマ煎り器で煎ったゴマはこのゴマ擂り器で擂っています。
お寿司屋さんで使っていて、どこで購入できるか聞いて買いに行きました。
コーヒー豆を挽く時の様にゴマの香りや挽く感触が楽しめて長年使っています。
by muumimamman | 2007-02-04 11:32 | もの